初めて喪主になる方へ

葬儀後のご挨拶とお返し

目上の方や、ご葬儀でお世話になった方、僧侶などへのお礼のご挨拶についてご案内させていただきます。

なるべく早くご挨拶にでかけましょう
  • ・ご葬儀直後の挨拶回りには、なるべく喪服を着用します。
  • ・2〜3日後の場合は、地味な平服で挨拶に伺う方が自然です。
  • ・ご挨拶がすんだら、なるべく早めに引き上げましょう。
ご挨拶に、礼状を送るのもマナーのひとつです
  • ・遠方からの参列者、弔電や供物をいただいた方には、別途お礼状を出しておくと良いでしょう。
  • ・就学中の子供がご葬儀で欠席した場合には、その旨を記した届けを登校時に持参させると良いでしょう。

忌明け(満中陰)に、神棚封じを外します

  • ・白紙で閉じてあった神棚は、忌明けに外します。
  • ・忌明け後は、普通にお参りをします。

12月始めには、年賀欠礼の挨拶状を出します

  • ・喪中に新年を迎える場合は、慶事を避ける意味から年賀状は出しません。
  • ・年賀欠礼の挨拶は、先方へ12月初旬に到着するように発送します。
  • ・喪中に年賀状をいただいた場合は、松の内(1月7日または15日)を過ぎてから寒中見舞いとして返書を出します。
  • ・喪家の家族は、新年の挨拶も控えます。

香典は、ご葬儀後にも届くことがあります

  • ・葬儀後もしばらくは弔問客があります。
  • ・遠隔地の方などから、香典が現金書留で送られて来ることもあります。

お返しは、忌明け(満中陰)前後におこないます

  • ・お返しをする場合は、ご葬儀のお礼を兼ねた忌明けの挨拶状を添えます。
  • ・香典返しの目安は、いただいた香典の1/2程度が標準ですが、あくまで喪家から先様へ伝える気持ちの表れとして決定します。

お返しの品は、先方の方に喜んでいただけるものを

  • 送っても無駄にならないよう、先様の好みのライフスタイルを考えて最適なものを選びましょう。