お葬式の流れ

突然の悲しい出来事。ご遺族がやらなくてはならないことが沢山あります。
また、初めてのご葬儀で「なにをすればいいのかわからない」というお客様が多くいらっしゃいます。
通夜、葬儀・葬式、法事・法要まで、全体の流れを頭に入れていただくと、落ち着いて手配ができるのではないでしょうか。
このページでは葬儀・葬式の流れと手順をご説明いたします。

  • ご臨終
  • お打ち合わせ
  • 納棺
  • 通夜式
  • 葬儀/告別式
  • 火葬/初七日法要

ご臨終

逝去

病院で亡くなられた場合
→ 医師より死亡診断書をいただきます。
ご自宅で亡くなられた場合
→ かかりつけの医師にご連絡ください。
病院以外で亡くなられた場合
→ 警察に連絡します。検視、検案などを経て死体検案書をいただきます。

※書類は当社へお渡し下さい。死亡届の提出は当社で代行いたします。

お迎え

病院、警察、どちらへでもお迎えに上がります。
ご自宅へご搬送の際、寝台車には、1〜2名様ご同乗いただけます。

※ご自宅へのご安置ができない方は、当社霊安室もご利用いただけます。

安置

予め、ご安置の部屋を決めておきます。
※故人様がご葬儀までお休みいただくお部屋なので、きれいに整えておきましょう。

北枕、または西枕にします。
敷き布団、掛け布団などをご用意いただきます。
※故人様が生前使用されていたもので構いません。

神棚を封じます(半紙を貼ります)
※当社スタッフにて、死後処置ならびにドライアイスのお手当をいたします。
※必要に応じて枕飾り(お線香の祭壇)を設置いたします。

枕飯(山盛りのご飯)と枕団子(6個)をご用意いただきます。

お打ち合わせ

葬儀の形式/規模の確認

通夜、葬儀の「一般葬」、葬儀のみの「一日葬」、ご火葬だけの「荼毘葬」など、どの形式で執り行うかをお打合せいたします。

「仏式葬儀」「神式葬儀」「キリスト教葬儀」「無宗教葬」「お別れ会」など、どの宗教形態で執り行うかをお打合せいたします。

広く訃報を流す場合にも、ご親戚を招いての「家族葬」、遺族のみで行う「密葬」など、どれくらいの人数に訃報をお伝えするのかをお打合せいたします。

日程・場所を決める

日程と場所は、ご遺族、寺院、当社スタッフが話し合って決めます。

  • 1)ご遺族の希望する日程・場所
  • 2)寺院、式詞者のご都合
  • 3)式場の空き状況
  • 4)火葬場の空き状況

…などの調整が必要になります。
※式場選定にあたっては、おおよその会葬規模を算出して、ご希望の式場のキャパシティで見合うかどうかの確認もさせていただきます。

訃報

日程と場所が決まりましたら、ご親戚、町会、関係先などに訃報をお伝えします。

葬儀の準備

お写真をご用意いただきます(遺影写真をお作りいたします)
ご印鑑をご用意いただきます(死亡届の際に使用いたします)
※祭壇、お棺、返礼品などをお選びいただきながら費用構成の確認をいたします。

お手伝いの依頼

会葬御礼などのご挨拶をする人を決めます。
位牌、遺影、遺骨などの持ち手を決めます。
※受付、会計、駐車場、道案内、寺院の世話役などお手伝いの方の手配をしていただきます。

供花・供物のとりまとめ

親戚間でお供えするものを相談します。
親戚分に関しては集金係を決めていただきます。
※勤務先関係などはお支払い方法を確認します。

納棺

納棺とは?

映画「おくりびと」で話題になった納棺です。 納棺とは、読んで字の如く、ご遺体をお棺にお納めする行為ですが、納棺を、ただの「作業」としてではなく、温かい「儀式」として執り行います。通夜という厳粛なセレモニーを迎えると、ご遺族の皆様はいやおうにも緊張を強いられ、その場もばたばたと慌しくなります。ですからマキノ祭典では、ご遺族のみなさまがゆっくりと故人様をお囲みし、故人様と向きあうお時間として、納棺の儀を考えています。
※ご事情により、私どもに納棺を一任いただくケースもございます。

納棺はいつ?どこで?

ご遺族の方々集まりやすい、お通夜の日の午前中、または夕刻に行うことが多いです。
ご自宅、または葬儀式場にて執り行います。
※ご事情により、予め納棺を済ますケースもございます。
※当社霊安室でも納棺の儀を執り行えます。(別途有料)

湯灌(ゆかん)

日本人はお風呂が大好きで生まれてきた赤ちゃんには産湯に入れて差し上げて、お亡くなりになった方には湯灌をして差し上げました。
たらいにお湯を張ってご家族の方で全身をきれいに洗い清めて、死装束をつけたとのことです。
最近では、病院で亡くなるケースが多いので、多くは看護師に清拭をしていただき浴衣を身に着けてもらいます。

みなさまには、アルコールの脱脂綿で「拭き湯灌」をしていただきます。お顔、お手、おみ足と、お肌を拭いていただき、湯灌といたします。

身支度

宗旨・宗派に合わせた衣装の着付をします。たとえば、仏式(浄土真宗を除く)なら経帷子(きょうかたびら)を、神式なら白の小袖を着用します。ご遺族のみなさまにもお手伝いをいただき、ご一緒にお支度をいたします。手甲、脚絆、足袋、六文銭などを身につけていただきます。

納棺

なさまご一緒に、お体をお棺の中にお納めいたします。編み笠、草鞋、杖もお納めいただきます。

副葬品

遺品、お手紙など、お棺にお納めしたいものは、予めご用意下さい。原則、可燃のものに限ります。

お蓋閉じ

皆様とご一緒に、お蓋閉じをいたします。

通夜式

通夜式の準備

供花供物などの順番を確認していただきます。
受付など、お手伝いの方の確認をしていただきます。
僧侶が到着されたら、ご挨拶に伺います。

通夜式

導師入堂
読経
焼香
※喪主、親族、会葬者の順にお焼香を賜ります。お焼香は葬儀スタッフがご案内いたします。
導師退堂

通夜ぶるまい

ご会葬の方は、お焼香後にお清めの席へお進みいただきます。
ご親族の皆様は、通夜式閉式後、お清めの席へとお進みいただきます。

葬儀/告別式

葬儀・告別式の準備

自宅を出るときに忘れ物がないか、確認いたします。(弔電・副葬品・お布施など)
弔電の順番を確認いたします。(弔辞がある場合は、弔辞者とも打ち合わせいたします)
火葬場まで同行される方の人数、ハイヤー、マイクロバスなどの出棺車両を確認します。

葬儀式

導師入堂
読経
焼香
※喪主、親族、会葬者の順にお焼香を賜ります。お焼香は葬儀スタッフがご案内いたします。
導師退堂
弔辞弔電の奉読

告別式

お花入れの儀
※お供えの生花を切り取り、お棺の中をお花いっぱいにしていただきます。
※遺品やお手紙など、副葬品もお納めいただけます。

ご親族の皆様は、通夜式閉式後、お清めの席へとお進みいただきます。
※ご挨拶は喪主、または遺族の代表に賜ります。

出棺

親族の男性の方、6〜8名の方でお棺をお持ちいただきます。導師先導の元、お棺、位牌、遺影の順に霊柩車までお進みいただきます。火葬場までは、霊柩車、ハイヤー、マイクロバス、自家用車などでお進みいただきます。
※自家用車は車両台数に制限がございます。

火葬/初七日法要

火葬

火葬場に到着しますと、すぐに火葬炉前にお進みいただきます。
お棺を炉に納めます。
喪主様より順にお焼香を賜ります。
ご拾骨までお部屋でお待ちいただきます。
※火葬時間は45分前後です。

ご親族のみなさまお骨を拾っていただきます。
遺骨と一緒に埋葬許可証を火葬場職員より渡されます。

初七日法要

式場に戻り、初七日法要をいたします。
※初七日法要のお勤めを、葬儀式の中でいただくケースもあります。

読経
焼香
※喪主様より順に賜ります。

精進落とし

精進落としは、僧侶が上席、来賓、お手伝い、親族の順におかけいただき、遺族や喪主が末席となります。会食の前に、喪主様よりご挨拶を賜ります。献杯のご発生を、ご親族のどたなかに賜ります。

お葬式のスタイル・プラン

練馬区でのお葬式なら24時間365日 マキノ祭典が最高のお別れをサポートいたします。 お客様満足度98%

サポートスタッフ2 サポートスタッフ3 練馬区なら1時間以内にお伺いします!
  • 資料請求
  • 無料相談
お電話でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください 0120-39-7062 24時間365日対応 携帯・PHSからも通話無料