無料でお届け資料請求 事前相談

お葬式前

コロナ禍における練馬区の葬儀について

まだまだ練馬区内でも新型コロナウイルス感染者が報告されています。終息まで残りわずかという状況ではありますが、まだまだ油断できません。コロナウイルスの感染拡大により、できるだけ三密(密閉・密集・密接)を防ぐために、葬儀のスタイルもガラリと変化しています。今回は練馬区のお葬式の現状や注意点を紹介していきます。

 

■練馬区におけるお葬式の現状

これまでは一般葬儀と呼ばれる、遺族や親族だけでなく、友人や知人、近隣住民、職場関係者などといった故人のあらゆる関係者が参列するスタイルが一般的でした。しかしながら、コロナウイルス感染拡大を避けるために、大人数での葬儀に参列するスタイルではなく、家族葬や密葬のような少人数で行うお葬式の需要が高まってきています。

家族葬とは、家族や親族が参列するスタイルで5~10名ほどで執り行われる少人数の葬儀形態です。ただ、コロナの影響もあって最近では、「10人以下に抑えて行いたい」というケースも増えてきています。また、急増している葬儀には、一日葬や火葬式が挙げられます。

一日葬とは通夜と告別式を2日に分けて行わず、通夜を省き告別式だけを行うという形式です。また火葬式に至っては通夜や葬儀、告別式を一切執り行わず、火葬だけを行うという葬儀方法になります。できるだけ少人数であっても三密の状況を避けたいという理由で火葬式や一日葬を希望される方が多いです。

 

■コロナ禍により葬儀を執り行う際の注意点とは?

新型コロナウイルスに感染するリスクを踏まえて、葬儀を執り行う際に注意しなければならない点が2つかあります。

 

〇葬儀に参列する方は、若い方だけではなくご高齢の方も参列されるとおもいます。コロナウイルスは高齢者の重症化のリスクが高いためにできるだけ三密の状況を避けなければなりません。三密(密閉、密集、密接)にならないようにホールの空間を開放するようにして、ドアを開放しておくなどの工夫をしましょう。

 

〇また、参列者同士の席の間隔を空けることによって感染リスクを少しでも減らすことができるできます。できるだけリスクを回避するためには参列者や葬儀社スタッフ全員がマスクを使用して衛生面での配慮を行う必要があります。

 

練馬区の葬儀社が行っているコロナ対策は?

葬儀社も参列者の方やスタッフの感染リスクを減らすためのコロナ対策を行っています。基本的に葬儀や告別式などで必ずマスクを着用することをお願いする葬儀社が多いようです。万が一参列者でマスクの着用をしていない方がいらっしゃったら、マスクを着用するように促すことがあります。

その他には手指消毒用のアルコールを入口付近に設置し出入りする際には、必ずアルコールを使用するよう促しています。また、スタッフがそれぞれにアルコール消毒を携帯することで、どのような時も手指を消毒して衛生的にきれいに保っています。式場のドアノブや椅子のような手に触れる場所を必ずアルコール消毒をするようにしています。

そしてお通夜や告別式料理における会食を行わないというスタイルも増えてきています。マスクを取って複数人での飲食は飛沫感染のリスクが高くなってしまいますので、会食を控えられているケースが多くなってきました。

マキノ祭典では、徹底したコロナ感染拡大防止対策を行っております。またさくらリビングでは、少人数での葬儀を行うことが可能です。少人数の葬儀専門式場なので、心温まる葬儀を行っております。皆様がご安心して故人様をお見送りできるサポートをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。