無料でお届け資料請求 事前相談

お葬式前

練馬区で少しでも安い葬儀にするための3つの方法

練馬区にお住まいで、少しでも安い葬儀をお考えのあなたへ、誰でもできる3つの方法をお伝えいたします。

私たちは、練馬区上石神井にある創業54年の葬儀社、マキノ祭典です。練馬区内の官公庁、寺院、地域の方々とのつながりの中で、数えることのできないほどの葬儀のお手伝いをしてきた実績がございます。練馬区地域密着一筋でやってきた私たちだからこそ、公平中立で確実にあなたのためになる安い葬儀の方法をお伝えできます。これから詳しく丁寧に述べていきます。

「安い」とは、安心の「安」と書きます。費用負担を軽減する安い葬儀が、お客様の安心につながります。

故人様の、そしてご家族が安心できる葬儀の一助となれるかと思いますので、どうぞ最後まで読み進めてみて下さい。

■「区民葬儀」 練馬区の人なら誰でも利用できる安い料金設定

区民葬儀とは?

練馬区の人が安い葬儀を行いたいのであれば、「区民葬儀」の利用をおススメします。

これは、練馬区に限らず、東京都23区の区民であれば誰もが利用できる自治体による福祉サービスです。実際に区が葬儀の施行をするわけにはいかないので、私たちのような業者と提携して、住民の費用負担を軽減しています。

練馬区の公式ホームページにあるように、区民葬儀取扱店に直接申し込み、区役所へ死亡届を提出する際に窓口で区民葬儀券を請求するだけです。

もちろん、私たちマキノ祭典も練馬区が指定する区民葬儀取扱店ですし、死亡届の提出もお客様に代わって私たちが区役所まで走ります。区民葬儀をご希望であればその旨を私たちに伝えてもらうだけで構いません。つまり、「葬儀屋さんに任せておけば安心ね」ということです。

安い葬儀をご検討の方、区民葬儀について知りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

安い料金設定 そのサービス内容は?

区民葬儀では、祭壇料金、棺料金、霊柩車運送料金、火葬料金、遺骨収納容器代金の5点が、安い料金設定となっています。

祭壇料金(税込)

祭壇料金には棺も含まれています。「金襴布+桐張棺」と「白布+プリント棺」の2種類に分けられ、段数によって料金が異なります。

A1券(金らん5段飾)桐張棺・・・312,180円

A2券(金らん4段飾)桐張棺・・・259,600円

B券(白布3段飾)プリント棺・・・136,400円

C券(白布2段飾)プリント棺・・・100,100円

また、長尺の棺の場合、料金が若干上がります。通常の棺が約180cmであるのに対し、長尺棺は約195cmです。

A1券(金らん5段飾)桐張棺・・・325,380円

A2券(金らん4段飾)桐張棺・・・272,800円

B券(白布3段飾)桐張棺・・・171,600円

C券(白布2段飾)桐張棺・・・135,300円

火葬のみで、祭壇がいらない場合は次のような料金になります。

桐張棺 66,000円

プリント棺 44,000円

長尺桐張棺 79,200円

霊柩車運送料金(税込)

霊柩車とは、葬儀会館から火葬場までお柩を運ぶための車両です。昔ながらの「宮型指定車」と、セダンを霊柩車仕様にした「普通霊柩車」がありますが、最近ではほとんどが後者が選ばれています。また、練馬区からであれば堀之内斎場(杉並区)、落合斎場(新宿区)、戸田斎場(板橋区)の利用が多く、10㎞または20㎞であることが多いです。

宮型指定車

10キロメートルまで・・・33,270円

20キロメートルまで・・・39,320円

30キロメートルまで・・・45,370円

普通霊柩車

10キロメートルまで・・・15,570円

20キロメートルまで・・・19,530円

30キロメートルまで・・・23,490円

火葬料金(非課税)

火葬料金は、通常(75000円)よりも大人は21,900円安く、小人(42,000円)は13,000円ほど安い金額となっています。

大人・・・53,100円

小人・・・29,000円

遺骨収納容器代(税込)

遺骨を納まる収骨容器(骨壺)は白無地の瀬戸物のものです。こちらは15%から20%ほど安い金額となっています。

大人用・・・2号一式:11,990円 3号一式:10,780円

小人用・・・6号一式:2,530円

♦安いお葬式にするなら「練馬区指定葬儀場」の利用

練馬区独特の制度に「練馬区指定葬儀場」があります。指定葬儀場を利用することで、葬儀後に1万5千円(2021(令和3)年3月31日以前の利用であれば3万円)の補助金が支給されるという制度です。つまり、1万5千円ほど安い費用で会館が利用できるのです。

石神井、大泉地区では次の3つの葬儀場があります。

練馬区指定葬儀場(1)宝亀閣斎場

宝亀閣斎場は、石神井台にあります。石神井池に隣接する真言宗三宝寺が運営していますがどんな宗派や宗教でも利用できます。10名程度の小斎場と、40名程度収容可能な大斎場があり、家族葬や一般葬のそれぞれに適しています。たいへんきれいな会館で、地域の人たちから長く利用されています。

練馬区指定葬儀場(2)東高野会館

東高野会館は高野台にあり、西武池袋線「練馬高野台」駅徒歩5分、そして環八通りすぐで駐車場も完備され、アクセス抜群の葬儀場です。大、小、別館の3つの式場があり、全館使用もできるため、家族葬や一般葬だけでなく大規模な葬儀でもご利用いただけます。こちらも宗教宗派問わず利用できます。

練馬区指定葬儀場(3)大泉橋戸会館

大泉橋戸会館は、大泉町にある葬儀場で、こちらも宗教宗派を問わず利用できます。2015(平成27)年にリニューアルされたばかりなので、大変新しく、バリアフリー対応の設計が好評です。もともとの使用料が安い上に、指定葬儀場として助成金も支給されるので、大泉エリアの方に多く利用されています。

♦満足度は「安い」だけではない 練馬区のお葬式はマキノ祭典へ 

プロとして伝えたいこと「安い葬儀」の落とし穴

葬儀には多額の費用がかかります。高いよりは安いに越したことはありません。しかし、葬儀のプロとして言っておきたいのは、「安くすればいいというものではない」ということ。たくさんのお客様と接してきて分かるのは、「安い葬儀に」という意識ばかりが働くことで、大切な何かが抜け落ちてしまうこともある、ということです。

また、葬儀社側から言うならば、ご満足いただくサービスの提供のためには、どうしてもコストがかかってしまいます。コストダウンを最優先に考えると、お客様にご満足いただく葬儀のお手伝いが困難になる可能性は十分にあります。

大切なのは「相場」

大切なのは、ただ安いのではなく、相場を知ることです。

無理してお金を捻出することはありません。派手で立派である必要はないものの、相場に見合った葬儀をすることをおすすめします。相場に沿うことで、その社会が求める平均的な葬儀ができます。つまり「故人様を満足して送り出すならこれくらいの費用はかかるだろう」という一つの目安になるのです。

ある程度の相場はインターネットで調査すればすぐに分かりますが、しかしその地域の相場、そして自分たちが希望する葬儀にどれくらいの費用がかかるかは、実際に葬儀社に話を聞いてもらわなければ分かりません。

練馬区内にはたくさんの葬儀社があります。どうぞ可能な限り、いろいろな葬儀社に話を聞いてみて下さい。そうすることで、地域の、そしてお客様の希望する規模の相場が出てくることでしょう。

安い見積書よりも、会社の総合的な信頼度

そしてもう一つ大切なのは、見積書に記載された額面だけで比較しないということです。会社の実績、信頼度、透明性、スタッフの人柄やあたたかさ、こうしたものを含めて、総合的に葬儀社を選ぶことが、満足いくお葬式の秘訣です。

なぜなら、お葬式とは、「心」の部分をケアする儀式だからです。モノやお金のように目に見えるものだけでは語れない、目には見えない部分を大切にするために行うからです。

練馬区で安いお葬式をご検討の方は、マキノ祭典へ!

マキノ祭典は、練馬区内に5か所の相談サロンを構えています。どうぞお気軽にご相談下さい。お客様の希望される安い葬儀、そして満足いただける葬儀のお手伝いを、誠心誠意務めさせていただきます。